【山のエキスパートから見たココヘリ】 登山家 野口健氏

June 3, 2021
お知らせ

「山へ行く人たちには、ぜひ持ってほしい。」登山家 野口健さんから見たココヘリ。メッセージを掲載しました。

山へ行く人たちには、ぜひ持ってほしい

山に入る時に「ココヘリ」を持つ事は、入山届を出すのと同じくらい意味のあること。万が一の時にも、これをつけて位置を発信してくれれば本人も助かる可能性が高くなるし、山小屋の方など捜索に関わる人たちの負担、リスクも大きく軽減できます。山を愛する人にこそ、この「ココヘリ」を身につけてもらいたいと思っています。

登山家 野口健

偶然に書店で手にした植村直己氏の著書「青春を山に賭けて」に感銘を受け、登山を始める。
16歳でヨーロッパ大陸最高峰モンブラン、アフリカ大陸最高峰キリマンジャロなどの登頂を果たし、25歳で世界7大陸最高峰登頂最年少記録を樹立した。
その後、エベレストのゴミ問題を解決するために、4年連続世界各国の登山家たちと5000m~8000mの清掃活動に尽力する。
現在は様々な自然保全活動や災害地でのボランティア活動などを行っている。

野口健さんとのコラボキャンペーンも実施中

ピックアップ情報