「jRO」から「jRO&ココヘリ統合プラン」へ切り替え
ココヘリとジローは1つに!
捜索費用
550万円
+
さがす
個人賠償責任補償
1億円
アウトドア用品補償
3万円
すべての安心が
5,500円/年
1日
15
通常 3,300円
今ならjRO会員限定 “入会金0円”!
jRO&ココヘリ統合プラン お申し込み

※jRO年会費と事後分担金、三井住友海上の保険料はココヘリ年会費に含まれます。

ココヘリ-会員制捜索ヘリサービス

山の安心のすべて

安心1 - さがす
遭難時に命を守る

専用の会員証(発信機)と、
全国エリアの捜索網で早期発見

全国34都道府県の警察/消防が
ココヘリの受信機を導入・運用

安心2 - 費用補償
お金の負担から
家族を守る
安心3 -特典
山をより楽しめるお得な会員特典

いつでもお得なアウトドア用品通販

国際山岳ガイドによる安全登山学校

施設利用補助など様々な特典付き

なぜココヘリが必要?

知ってほしい
命とお金のリスク

年間約3,000人が遭難

多額の捜索・救助費用

最長7年間
家族に負担

民間ヘリによる捜索では、1時間の捜索で50万円程度の費用がかかります。さらに、捜索・救助が難航すればさらに多額の費用が必要となります。遭難が長期化し失踪者扱いになると、死亡認定が下りるまでの7年間もの間、ご家族には大きな負担がかかります。生命保険金、住宅ローンの債務弁済を受け取れず、退職金も支払われないリスクもあります。

※ 警察庁発表2020年発生数 山岳遭難数 2,937人 / 死者・行方不明者数 299人
※本来であれば支払われるべき住宅ローン、生命保険金、退職金の平均値の合計額7,616万円。

ココヘリが選ばれる理由

確かな信頼性と実績

194

件の対応実績

86%の案件で3時間以内の早期発見

34都道府県の警察/消防が導入・運用

ココヘリが、サービス開始からこれまでに対応した案件は194件にのぼります。28件の事案でココヘリが捜索、発見を実現。51件の事案では全国の警察/消防と連携、捜索協力を行なっています。さらに、115件の事案では、会員様・ご家族の不安にも寄り添い、相談をサポートしています。
ユーザーの声

ヘリの音が聞こえたときは、本当にうれしかったです。

びしょびしょになりながら沢をくだるうち、気が付いたら携帯まで無くしていました。「死ぬな」と思いました。これ以上動くと滑落の危険もあると思い、救助を待つしかないと覚悟しました。ココヘリだけが頼りでした。ヘリの音が聞こえたときは、本当にうれしかったです。
ココヘリ会員Mさんの遭難~救助体験

詳しく知る

Plan 契約プラン

ココヘリ 会員制捜索ヘリサービス

入会金
通常 3,300円
今ならjRO会員限定 “入会金0円”!
年会費

5,500

おすすめ
縛りなしのお得な
3年プラン
通常16,500円
14,850

ココヘリは継続率“95%”!
だから生まれたお得なプラン
お陰様でサービス開始以来、95%の方にご継続いただいております。そこで、更新手続きが3年間不要で、しかもお得な割引プランをご用意しました。
詳しく知る >

※金額はすべて税込

jRO&ココヘリ統合プラン お申し込み

※jRO年会費と事後分担金、三井住友海上の保険料はココヘリ年会費に含まれます。

MADE IN JAPAN
無償
貸与
専用ホルダーでザックへ取り付け
いつもの日常
大事なものを「なくした」とき、スマホで探せる探索機能
山に行かない日常も、365日役に立ちます。
いつもの日常
MADE IN JAPAN
無償
貸与
大事なものを「なくした」とき、スマホで探せる探索機能
山に行かない日常も、365日役に立ちます。
いつもの日常
無償
貸与
ONE FOR FUTURE チャリティモデル 詳しくはこちら >
毎年1%が青少年の安全登山を守る取り組みへ寄付されます
バックパックに専用ホルダーでも付けられます。
大事なものを「なくした」とき、スマホで探せる探索機能
カラビナアクセサリー
山に行かない日常も、365日役に立ちます。
バックパックに専用ホルダーでも付けられます。
いつもの日常
カラビナアクセサリー

以下のサービス、特典が全て含まれています。

会員証(発信機)

全国エリアの捜索

捜索・救助費用補てん

個人賠償補償

アウトドア用品補償

アウトドア用品通販

安全登山学校

スマホで探索

街でも捜索(有償)

THE NORTH FACE コラボキャンペーン(2021/8/31まで)

毎日1名様に、初年度年会費無料が当たる!

補償制度
捜索・救助費用補てん
最大550万円
ココヘリ会員には、「日本山岳救助機構会員制度(略称「jRO(ジロー)」)」が付帯します。遭難における捜索・救助費用を、年間最大550万円を限度に補てんいたします。

例:民間ヘリが 3回出動した費用(200万円)+ 4回目以降の出動や地上捜索隊の費用など(350万円)

個人賠償責任制度
最大1億円
会員本人様が、アウトドア活動中に起こした第三者に対する法律上の賠償責任を補償します。事故が発生した際、保険会社の専門担当者が示談交渉を対応します※4

実例)
・落石でほかの登山者へけがをさせた場合の治療費、通院費。
・遭難中、救助者にけがをさせてしまった場合の治療費、通院費。
※通常こうした個人賠償保険は個人で加入した場合、非常に高額な保険です。
落石でほかの登山者へけがをさせてしまう
アウトドア用品補償
最大3万円
アウトドア活動中の登山用品の破損・盗難事故を最大3万円まで補償します。

実例)
・カメラを落下させ破損。
・GPS端末が盗難に遭う。
・スノーボードのソール部分が石にあたり破損。
アウトドア用品補償の対象となる登山用品
テント・ヘルメット・アウトドアウォッチ・GPS 端末・高度計雪崩ビーコン・トレッキングポール・雨具・ヘッドランプ・寝袋アイスバイル・アイゼン・トレッキンググローブ・ピッケル・コンロスノーシュー・スキー板・スノーボード・ビンディング・ストックゴーグル・タープ・ツエルト・エアマット・アウトドアカメラ
会員限定通販モール
安全登山を実践中のココヘリ会員様限定モール
いつも安全登山を心がけていただいている会員の皆様へ、うれしいメリットをお返しするための場として生まれました。
お約束1:いつでもお得。人気の登山用品を会員限定の特別価格でご提供。
お約束2:つづけてお得。購入金額の10%を次年度年会費へ還元。
製品仕様

主な仕様
・本体サイズ:W39mm × H58mm x D12mm
・総重量:約20g
・生産国:日本
・付属品:Micro USBケーブル
・その他機能:生活防水

※水圧のかかる使用環境(沢登り、渓流釣りなど)においてはジッパー付きのビニールに入れるなどの防水対策をお願いいたします。

技術仕様
・Bluetooth 4.x (Bluetooth Low Energy)
・920MHz帯特定省電力無線

送料・配送

送料:330円(税込)

取り扱い方法

オンラインマニュアル

取扱説明書 (PDF 〇MB)

あなたもココヘリの仲間に

share with #COCOHELI / #ココヘリ
THE NORTH FACE モデル
Special Charity Model
THE NORTH FACE & COCOHELI

ONE FOR FUTURE
青少年の冒険に安心を

あなたのココヘリ年会費から、毎年1%が安全登山を守る取り組みへ寄付されます。

詳しく知る

Partner パートナー

ADVENTURE GUIDETHE NORTH FACEsnow peakYAMA HACK

義務化・レンタル推奨施設

※1 捜索山域は沖縄・島嶼部を除く。屋久島は対象。
※2 探索可能距離はスマートフォンの機種や、周囲環境により変わります。
※3 会員証(発信機)を携行した山域でのアウトドア活動中に限ります。
※4 他人の身体の障害、または他人の財物の破損に関する 賠償責任に限ります。
※5 別途入会金¥3,300(税込)。
※ 1人、1台の年間契約です。
※すでにヒトココ(子機)もしくは、ヒトココ(親機)をお持ちの方は、入会金3,300円(税込)が免除になります。

お問い合わせ

0570-050-556

受付時間 平日10:00-17:00

info@authjapan.com

お問い合わせフォーム