捜索
費用補償
特典
料金
サポート
捜索サービス
費用補償を知る
いつも活用する
入会・料金を知る
安全登山を学ぶ
お問合せ

捜索救助サービスを知る

捜索救助サービスについて

捜索・救助活動の実施
提供役務
最大550万円まで実施/年間
捜索活動の流れ
捜索活動
・遭難の際、会員本人またはご家族からの通報を24時間365日対応のコールセンターで受信
・240件以上の対応経験のある山を知り尽くした捜索チームが対応。捜索中、通報者が不安に思う事に寄り添い、サポートします。
・警察消防と連携しながら、提携民間ヘリコプター・ドローン、または地上からの捜索を実施します。

※ 沖縄および島嶼部におけるヘリコプターによる捜索は行いません。
※ 捜索救助には登山計画の提出・共有が必要です。

救助活動
・警察署、消防署などの公的機関が実施する救助活動後(第一次救助)
 ココヘリは提携民間救助隊による救助活動を実施します(第二次救助)。

※ココヘリによる救助活動は地上部隊によるものです。提携民間ヘリコプターによる「救助活動」は行えません。
※ 捜索救助には登山計画の提出・共有が必要です。

捜索の仕組み

ココヘリ発信機型会員証

発信機が貸与されます。

ココヘリへ入会すると、発信機が貸与されます。定期的に電波を発信、もしもの時は捜索隊が持つ専用受信機で最長16kmから受信できます。電波の強度から絞り込みを行うことで位置を正確に特定出来ます。

全国の山域で捜索します。

ココヘリは全国の捜索ネットワークを駆使し、警察消防と連携しながら、提携民間ヘリコプター・ドローン、または地上からの捜索を実施します。あなたを捜索します。

※ 沖縄および島嶼部におけるヘリコプターによる捜索は行いません。
※ 捜索救助には登山計画の提出・共有が必要です。

24時間・365日対応緊急コールセンター

遭難の際、会員本人またはご家族からの通報を24時間365日対応のコールセンターで受け付けています。240件以上の対応経験のある山を知り尽くした捜索チームが対応。捜索中、通報者が不安に思う事に寄り添い、サポートします。

全国38都道府県の警察/消防が導入・運用。

全国の警察・消防航空隊が、発信機の電波をキャッチする専用受信機を導入しています。未導入都道府県においてもココヘリは警察・消防と常に連携し捜索活動を行います。

捜索体制

動画で見る捜索対応

定期的な捜索訓練で捜索チームのスキルアップを図っています。
すべての捜索訓練を見る

捜索事例

ユーザーの声

ヘリの音が聞こえたときは、本当にうれしかった。

びしょびしょになりながら沢をくだるうち、気が付いたら携帯まで無くしていました。「死ぬな」と思いました。これ以上動くと滑落の危険もあると思い、救助を待つしかないと覚悟しました。ココヘリだけが頼りでした。

詳しく知る
サポート・お問い合わせ